使用価値の高いカタログスタンド

カタログスタンドでオフィスや店舗をオシャレに

コンビニエンスストアや駅構内、オフィスなど、意外と多くのシーンでカタログスタンドを見かけます。パンフレットや冊子の表紙を一目で見ることができ、視認性の高いものですが、机の上に乗せるタイプなど、小さいものを含めると種類が豊富にあります。

オフィス向け事務用品の通販サイトで買うのが主流

カタログスタンドは販促ツールではありますが、どこで購入するのでしょうか?多くはオフィス向けの事務用品を扱っている店舗や通販サイトで販売しています。また、カタログスタンドの専門店もいくつか存在し、よく見かけるスチールやプラスチック製のものだけではなく、エコへの取り組みをアピールできる強化段ボール製のものなどがあります。生活の中ではスタンド型が一般によく見られますが、壁掛け型やスタンド看板に取り付けて使用するタイプのもの、大型のパンフレットを入れるマガジンラックなど、幅広いラインナップから選ぶことができます。何種類のパンフレットを置くのか、スペースはどのくらい使用できるのかを考えて利用したいところです。

カタログ配布率の向上に

パンフレットを貰ったものの、効率的に配布するにはどうしたら良いかと考える店舗スタッフの方も多いでしょう。配布率が高ければいわゆるバックも多くなりますし、パンフレットの発行先からの信頼も得られます。
そんな時、カタログスタンドが役に立ちます。カタログスタンドを設置することで、周辺を通る人の目線の高さにパンフレットを見せることができるのです。本屋さんでも積極的に売りたい本を平積みしていますが、同じ効果を使用しています。ミニコミ誌の中にはカタログスタンドもセットにして店舗などに設置するところもあり、それだけ視認性において重要なものであると考えているのです。販売されているものの多くは、仕切り板の位置を変えたり、使い方に応じた形にできます。

本棚代わりの使用もOK

販促やカタログ配布に有効なカタログスタンドですが、デザインにも多様性があり、本棚として使用することも可能です。もともと多くの人に印刷物を見せるためのものですので、収納できる量は少なくなりますが、どの本が入っているかが分かりやすくなります。軽い素材で移動させることも容易ですので、本格的な棚を準備するほどではない場所で使用するのが最も適しているでしょう。回転できるカタログスタンドなら収容する本の数もかなり増やせます。
多くの通販サイトでは数千円から販売されており、大きさにもよりますが、非常にお得な値段で導入することができます。POPなども併用して目立つカタログスタンドを作れば、きっと大きな効果がありますよ。