カタログスタンドはタイプに合うものを使う

収納力や宣伝効果が抜群!カタログスタンドとは?

会社やお店などでは、カタログを収納する際にカタログスタンドを使用しています。収納力が良く、お客さんがつい手を伸ばしてしまう位置にあるため宣伝効果にもなるようです。カタログスタンドについて説明しますので、参考にしてみてください。

カタログスタンドとは何?

カタログスタンドとは、カタログを収納するもので、紙製、プラスチック製、金属製などがあります。机に置けるものや壁に掛けるもの、床に置くものなどさまざまなタイプがあるので、必要に応じて使い分けるといいでしょう。カタログは重いものもあり、何冊も置くので、十分な強度が必要になります。また、すぐに倒れないように対策をして安全に置くことも大切です。お店では、邪魔にならないような位置に置くようにしましょう。旅行代理店や家具などのお店では、カタログスタンドに多くのカタログを置くことで、お客さんが自由に取ることができます。実際に店員が対応しなくても、持ち帰ることのできるカタログは置いているだけで宣伝効果になるのです。

カタログスタンドのメリット

カタログスタンドのメリットは、収納力がいいことと宣伝効果が抜群なことです。何段か重なったタイプのものを使用すれば、カタログスタンドに何種類ものカタログを置くことができます。カタログの上から半分の重要な場所は見えるため、わかりやすく見た目がいいことも特徴です。カタログは机などに置いた状態から渡されるよりも、カタログスタンドからの方が整理整頓されていてお客さんの印象もよくなってきます。また、待ち時間にすることがない場合にカタログを見る方も多いでしょう。興味がなかったお客さんにも、カタログの内容を見てもらうことで、商品を認識してもらい購入意欲を高めることができるので、宣伝効果もあります。置き場所を工夫することで、カタログを手に取らなくても視線に入ることも十分に効果的です。

カタログスタンドのタイプと相場とは?

カタログスタンドはさまざまなタイプがあり、値段は安いものでは数百円、高いものでは十万円近くになります。サイズや素材、一列に何段入れることができるか、後ろに衝立があるかなどで変わってきますので、それぞれの場面に合ったものを選ぶことが大切です。大きいものを選んでしまったが、同じカタログが何段にも入っていると逆にお客さんにいい印象を与えません。
壁掛けタイプのものはプラスチック製、机に置けるものは紙製のものなどがあり、値段は五百円以下で購入することができます。一度に何冊も置くことはできず、強度が弱いので注意しましょう。一般的に多くのカタログを置けるものは、五千円から三万円ほどです。上に看板などを取り付けてその下にカタログを置くタイプは五万円から十万円近くします。